TDPFとは Concept

東京データプラットフォーム(TDPF)とは、
流れる
東京都の主導(=安全・安心の価値提供)の下、 公共や民間などのデータが流通する場を提供し、
つながる
データを提供する人・利用する人などがつながるコミュニティの形成と、より多くのデータ・人の集積により新たなデータ利活用事例の創出を支援・加速することで
進化する
東京のポテンシャルを引き出し、
都民のQOL向上に資するデータ利活用の好循環を生み出すしくみです。

TDPFが提供する機能 Solution

社会課題解決に資するデータ利活用事例の創出を官民協働で推進するため、TDPFでは主に以下の機能を提供します。

  1. 01
    01

    データライブラリ

    行政機関・民間企業等と連携し、必要な時に、必要なデータをワンストップで連携できる環境を整備します。

  2. 02
    02

    マッチング

    組織横断的なデータの掛け合わせやデータとソリューションの掛け合わせを推進するため、公共性の高い分野を中心としたコミュニティを形成し、官民のプレイヤーの協業を支援・推進します。

  3. 03
    03

    データ整備

    官民のデータが利活用されやすい環境を整えるため、公開ニーズの高いデータの整備・標準化の普及活動を推進します。

  4. 04
    04

    トラストの提供

    東京都の主導の下、安全・安心なデータ流通を促進するため、適切な情報の取扱いとデータの利活用促進が両立するルール・運営体制を整備します。

TDPFの
ユースケース
Case

組織横断的なデータの掛け合わせや、データとソリューションの掛け合わせを目指すTDPFの先行事例として、
新たなデータ利活用のユースケースを創出するプロジェクト(ケーススタディ事業)をご紹介いたします。

東京都産野菜の地産地消促進プロジェクト

アールイー、でいたらぼ、大治、東京野菜普及協会、流通経済研究所、スマートフードチェーン推進機構、ITS、ノリット・ジャポン

東京都産野菜の出荷情報や生産者情報等のデータを整備し、消費者・流通事業者・物流事業者に対して各種情報を提供することで、東京都産野菜の地産地消を促進

防災・減災に寄与する「OMAMORI」プロジェクト

ぐるなび、東急、東京地下鉄

災害時・緊急時に役立つオープンデータについて各施設の多言語翻訳や緯度・経度の座標を付与し、マップ上で見える化をすることで、外国人旅行者等の不安を解消

高齢者のフレイル予防・QOL向上に向けたおでかけ促進プロジェクト

セコム、ディー・エヌ・エー、健康長寿医療センター、荒井商店、アライブメディケア、JTB、トラベルドクター

高齢者の外出に関するニーズを分析・データ化し、各種高齢者向けサービスに活用することにより、高齢者のフレイル予防・QOL向上

「メタ観光マップ」を活用したにぎわい・回遊性の創出プロジェクト

みずほ銀行、unerry、メタ観光推進機構

各種官民データを活用してまちの新たな魅力発掘等を実現するとともに、人流の増加、回遊を促すことで、まち全体のにぎわいを創出

人流・金融・観光情報の統計データをもとにした周遊促進プロジェクト

リクルート、ブログウォッチャー、みずほ銀行、ガリレオスコープ、台東区、墨田区、墨田区観光協会

複数区で連携し、各種統計データをもとにした検討を地域内事業者とともに行うことで、効果的・持続的な周遊を促進

    よくあるご質問 FAQ